« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

もてぎ

11/3にツインリンクもてぎに行ってきました。

目的は 「ドライビングスクール」 あっ車です。

なかなか出来ない 定常円旋回とかJターンとかスラロームとかして来ました。

Dscf1131 スクール終了(爆)

ムービーを撮っていたので、写真を取り忘れてました。

2008_1103nsx これは友人が撮影してくれました定常円旋回写真、ありがとー

で、毎度言われてる事で気を付けていたのですが、

どうやら正しくない事がひとつ判明しました。 それは・・・

ドライビングポジション

どーやら私は、ハンドルに近すぎるとの事。 やっぱりそうかぁ ← 薄々感じてはいた

基本中の基本なのに、ちゃんと座る事さえ出来てなかったらしい((w´ω`w))

「シートは出来るだけ下げた方が良い」とのアドバイスをいただき

思いっきり後ろにする、「ぬおぉー、初めて運転する車みたい!」

 

慣れるのに時間がかかりそうです (´Д`;≡;´Д`)アワアワ

でも、ブレーキ踏みやすいし、ハンドル回しやすいし、

なんだか冷静になれるし、後ろにするのが正解に思えます。

みなさんも一度確認してみてはいかがですか?

あっそんなの出来てますよね、しつれいしました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

また買ってみた

チタンボルトです。

うーん、なんて自己満足な商品なんでしょうヽ(´▽`)/

Dscf1113 お気に入りのβチタニウムさん

透明のステッカーが新しい!そろそろどこかに貼ってみようかなぁ・・・

で、頼んだのは

1.キャリパーマウントボルト(\5,700) × 4

   ローターを変えたらキャリパーをオフセットする事になり、

   そのまま使っているボルトが5mm足りない気がして仕方なかったから。

2.パットピン(\3,300) × 4

  ノーマルのパッドピンのさび付きが酷い!

  パッドの動きが悪く、ブレーキタッチや効きにも影響してる気がしたから。

どちらもワンオフ(*´д`*)ハァハァ えぇアホです。

Dscf1118 緑色に光っているのは、照明のせいです。

 

さて、気になる重さです。 気になるのは私だけですけど(笑

まずはキャリパーマウントボルト

Dscf1117<純正 Dscf1111 <チタン (ステッカーの重さは引いてあります)

(39.2-29)×4=40.8 誤差ですね。

純正の鉄ボルトも肉抜きしてあって結構軽い!

YAMAHAやりますねぇgood

チタンボルトの方は肉抜き無し、βチタニウムさんのお薦めです。

 

次は パットピン

Dscf1116<純正 Dscf1112<チタン

(12.0-6.8)×4=20.8 意外と検討してる!でも誤差ですね。

 

ちなみにブレーキフィーリングですが、カチッとした剛性感と

操作力の低減、効きムラの低減がありました。いやあると思いたいです。

しかし、ボルトに幾ら使うんだ?>俺

Dscf1115 鈍い光に萌え(*゚∀゚)=3ハァハァ

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

初露出?

ひょっとして初登場?

Dscf1123_2

いつもの場所に散歩行ってきました。

今回はちょっと違う相棒です。動態保存中の'92NSR

Dscf1122

しかし、日が暮れるのがはやくなりましたねー

この写真は18時前に撮った物です。

Dscf1124

もうすぐ6,000km 状態維持のために地味に距離が増えて行きます。

16年経った今乗っても、軽い/小さい/力あるとっても良いバイクです。

2stもインジェクションがあったら生き残れ・・・ないですね。

大切に維持し続けまーす(どノーマルでgood

 

※そー言えば bimotaに500V-Due ってありましたよね! < インジェクション2st

 しかも直噴だった様な気がします。世に出るのが早かったのかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »