« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

オイル交換

Pb210216

なんだか久々にオイル交換をする気がする・・・

今年はあまり走りに行ってないから、距離出てないなぁ。

ブログを読み返してみると、前回の交換は3/9だった。

8ヶ月ぶり 走行距離は2,611km。

 

さて、今回はオイルの銘柄を変えてみました。

入れた銘柄は A.S.H FSE E-spec 10W-40 MOTO-SPEC

A.S.Hはアッシュと読みます、FSEは一番良いグレードだそうです。

【20091210追記】FSEは「Full Synthetic Ester(100%化学合成エステル)」の略

Pb210217

お世話になっている店長おすすめ!

なんでも評判の良いオイルなんだそうです♪

って、VOXSANもこの店長さんにおすすめされたんですけどね(笑

 

このオイルはポマール・・・違う、えーっと、なんだっけ?

ポリゴン、、、ポリマー、、、そうポリマー! あれが入ってないらしい。

あれがないとオイルの劣化が少ないんだとか・・・

ちなみに銘柄(と粘度)を変えた理由は 【冷間時の始動性が悪くなったから】

症状としては「セル始動直後にエンスト」してしまう。

キュルン、キュルン、キュル パァッパッ(爆発) ストン(止まる) みたいな感じ

↑スタータON         ↑OFF

火が入った後もスタータスイッチを押しっぱなしにして

エンジン回転の安定を待てば(2秒くらい)エンストはしないのだが、

これからますます寒くなるのを考えて、オイルの粘度を下げてみたくなった。

残念ながらVOXSANは粘度が選べないので、奨められたオイルに銘柄と共に変更です。

 

でも、昨年の冬はVOXSAN20W-60)で乗り越えているので、

本来ならこの症状への対応はバッテリーを新調するのが、正しい手段だと思う。

けど今回は交換時期に来ていたオイルだけ変えてみた。お金も無いし(笑

で、奨められた粘度は10W-40 全体的に【やらかーい】方向へシフト。

メーカ指定は20W-40なので、性能的には問題無いでしょう。

これで、始動性と燃費が向上すると期待しています。

Pb210218

写真は成分が書いていると思って撮った、けど書いてなかった(笑

作業は、銘柄変更なのでフィルターもセットで交換。

Pb210219_2 フィルター交換時の規定値4.1㍑を注入

 

実は私のMTは燃費が悪い、街乗りだと15km/lを割り込んでしまい

高速込みのツーリングでも18km/lあたり。乗り方がヘタなのもあるが

他のMT乗りの会話を盗み聞きしてると、みんな20km/lを越えている。

オイルのせいだと思いたい気持ちもあって、今回の変更。

 

結果が楽しみっす♪

 

※以下は備忘録

Pb210220 Pb210221 Pb210222

左から ODO : TRIP1 : TRIP1(RESET後)

TRIP1はオイル交換時にリセットしてます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

買ってみた♪

Pa240145

前から気になってたところ、価格改定で一気に安くなったので ポチッとしたrun

無料期間だけ利用して使えなくなっている.Macのアカウントから発注したけど、

ちゃんと届いた(笑

 

リンゴはまるかじりしてやろうと買っておいたので、乗せてみた

Pa240146 Pa240147 Pa240148

 

評価するには、まだ手探りで経験値が足りない状態ですが、

i-Tuneの楽曲を同期してHDMI経由でAVアンプに流せるのはなかなか良いかも♪

本を読むときのBGMに良い感じです。

i-Macに付けてるパワーアンプとスピーカーは撤収しようかなぁ・・・

 

ところで、写真にもあるリモコン。

これ、i-Macと全く同じものらしく操作すると AppleTV/i-Macどちらも反応する・・・

だめじゃーん! と思ったらAppleTVにはリモコンのシリアルを限定する方法があった!

でもi-Macで設定する方法が分かってないので、無駄に反応するi-Macの前には

今、本が立てかけてあります(受光部を隠すため) うーん、原始的~♪

 

あと先日バージョンアップがあったので早速インストール。

これ(AppleTV)って電源切れないの?と思っていたところにSleepのメニューが追加された♪

うん、やっぱり電源は切りたいよね!(スリープだけど)

 

さて、もちょっといじってみよう♪

 

とこんな振りをすれば、えぬむらさんも買いそうな気がする・・・(・∀・)ニヤニヤ

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »